原状回復工事はどんなことをするの?  


原状回復工事でよくあるのが、壁紙の張替えです。
特にタバコを吸っている人は、長く住んでいると、明らかに壁紙が黄色くなってしまいます。賃貸物件の場合は、特にタバコによる色の変色は嫌がられ、原状回復工事費用を請求されることが多いです。
経年による壁紙の変色については、賃借人の責任ではありません。
しかし、壁があまりにもタバコでひどく変色してしまった場合は、賃借人の責任になることがほとんどです。入居の期間によっては、管理会社と折半になりますが、新築マンションに入居して、たった1年くらいで出る場合は、タバコの変色は原状回復工事で問題になると思った方が良いです。

タバコは臭いも嫌がられますが、壁紙も非常に敬遠されます。
特に天井まで黄ばみがひどくなってしまうので、タバコを吸っている人は部屋の中で吸わないように気をつけた方が良いと思います。経年かタバコかによって、かなり原状回復工事の負担額が違ってきます。

物件取引に欠かせない原状回復工事を解説!

原状回復工事の流れについて

原状回復工事業者の選びかた

ピックアップ

原状回復工事はスッキリ計画!にご相談を
原状回復工事はスッキリ計画!にご相談を
クロスやフローリングの張替えは、『スッキリ計画』へどうぞ。
綺麗な仕事で評判がある『スッキリ計画』なら、お部屋の原状回復工事をお手軽な価格でお手伝いします。まずは見積もりを問い合わせて比べてみて下さい。

新着情報

Comments are closed.